WebRTC Native Client Momo

最終更新日

2019-11-10

概要

WebRTC Native Client Momo はブラウザやスマートフォンを利用することなく WebRTC を利用することを可能にするネイティブクライアントです。

多くのアーキテクチャや Linux ディストリビューションで動くように開発されています。

libwebrtc をライブラリとして採用することで最新の WebRTC 技術を利用可能にしています。Raspberry Pi や macOS ではハードウェアが持っている H.264 のハードウェアエンコーダの利用を実現しています。

ROS にも対応しているため、事前に映像などを加工して配信するといったことも可能です。

また、時雨堂が商用製品として公開している WebRTC SFU Sora への接続が保証されて唯一のネイティブクライアントです。

SDL を利用した音声と映像の受信機能

Simple DirectMedia Layer (以下 SDL) を利用することで、 Momo が WebRTC 経由で送られてきた音声と映像を受信できるようになりました。 それに伴い WebRTC SFU Sora のマルチストリーム機能と合わせて、複数の音声や映像を表示することができます。

現時点では Raspberry Pi と Jetson Nano 、そして macOS に対応しています。

Windows ビルド対応

Momo を Windows 向けにビルドするツールを有償で販売しています。

Windows 向け WebRTC Native Client Momo ビルドツール

OpenMomo プロジェクトとは

URL

OpenMomo プロジェクト

OpenMomo プロジェクトは WebRTC Native Client Momo を継続的に開発、メンテナンスを行っていくプロジェクトです。

追加機能開発はオープンソースにて公開する事、幅広く利用される可能性が高い事の2つを条件に有償に受けることが可能なプロジェクトです。